忍者ブログ
住宅・不動産の情報
管理画面  新しい記事を書く  コメント一覧  トラックバック一覧
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高齢者福祉住宅

 

ある高齢者福祉住宅へ入居した91歳の男性のお話をしたいと思います。

新座市にある高齢者福祉住宅へ入居したそうです。そこの施設は、ヘルパーさんや医療スタッフが24時間体制で待機をしていて、必要なときにケアや手助けをしてくれ、ケアを必要としない入居者に対しては、最小限の手助けのみを行い、入居者の意思や自由を尊重している施設だそうです。まぁ簡単に言って、食事付き高齢者専用マンションといった感じでしょうか。

その91歳の男性は高齢とは思えないほど自立した方みたいで、料理教室に一人で通ったり、病院に行くのにも自分で調べて、自分で電車に乗って通院してしまうようなそんな方みたいです。手助けが本当に必要なときは、近くに住んでいる家族の助けを借りていたみたいですが、それにしても一人で立派にいろんなことが出来るおじいちゃんは、すごいと思います。

そんなおじいちゃんが、自分で「終の棲家」と思って探して入居した高齢者福祉住宅ですが、そこの担当医師に会ってとても不愉快な思いをしたそうです。

おじいちゃんのご家族の方が、「これからはここのお医者さんがかかりつけの医者」になるわけだからと、診察に一緒に付き添っていったみたいですが、看護婦さんたちは、すごく親切丁寧に色んな対応をしてくれるのですが、その医者は高齢者の話をきちんと聞こうとせず、話し方も最悪だったそうです。
今までの病歴などをご家族に聞こうとしても、そのおじいちゃんは一人で病院に行ってたので、ご家族ではなくおじいちゃんが話し始めようとすると、途中で静止し「まったく・・・」と言い放って、モロに疲れた感じと不愉快感をあらわにしたそうです。

このご時勢、こういった医者が高齢者専門の住宅に駐在するなんて・・・
考えられない話ですよね。

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
高齢者福祉住宅「わたぼうし」がオープン
 高齢者福祉住宅「わたぼうし」が8月1日、大分市高江南3丁目、高江中央公園南側にオープンした。  有限会社「つどい」が運営。 介護保険サービスセンターをはじめ、ヘルパーステーション、デイサービスセンター、高齢者共同住宅(宅老所)「シルバーハウスゆずり葉」を併設。 デイサービスは日帰りで食事や入浴の提供、レクリエーション、日常生活動作の訓練などが受けられる(自宅までの送迎あり)。 スタッ...
URL 2007/09/20(Thu)00:50:24
Copyright©住宅・不動産情報 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by Mako's
Template by わらみ~
忍者ブログ [PR]