忍者ブログ
住宅・不動産の情報
管理画面  新しい記事を書く  コメント一覧  トラックバック一覧
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高齢者専用賃貸住宅

 

今高齢者住宅事業業界は新たな活路を見出すよう迫られています。これは厚生労働省が施策の方向性を施設から在宅推進に転換する動きによるものです。
これから高齢者人口は増加していくと思われるため、それによる影響と背景と共に高齢者向けの住宅と言うのがどのように変化していくべきなのかと予想できる先見の妙は欠かせないものとなっています。
日本は、この背景に諸外国の失敗も頭に入れておかなければならないという事も忘れてはいけない。

この介護保険法改正により、今後ほとんどの施設が介護老人保健施設に変わっていくと思われます。なぜなら療養型病床が平成24年度末で廃止されることになったからです。こうなってくると入居3ヶ月ほどで退去を迫られてしまう高齢者たちはどうして生活していったらいいのか、どこにいったらいいのかという問題が出てきます。
現在老人福祉施設は満員で何年も空きを待たなくてはならない状況だし、有料の老人ホームは高すぎて入居させてあげられない、だからと言って在宅の介護は精神的にも体力的にも不可能だと思い高齢者を持つ家族は困窮することとなりかねません。
そのような方達の受け皿として「高齢者住宅」という施設が必要に迫られてくることは間違いないと思います。


今後の日本の出生率低下にともなって、高齢者の割合が多くなってしまいます。
若い人が少なくなる将来、住宅やオフィスビルなどは空室が多くなり、現在の状況並にするには今の建物を4割ほど減らさなければならなくなります。
この4割の住宅分を活用して新しく高齢者住宅を考えるというのも手腕の一つになると思います。

高齢者住宅事業を考えるとき、サービスやサポート等のなににターゲットを絞るかによって考えていかなければならない。

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「終の棲家は高齢者専用賃貸住宅がいいですよ」を考える
「終の棲家は高齢者専用賃貸住宅がていいですよ」という言葉を聴きます。本当にそうでしょうか?そもそも高齢者専用賃貸住宅とは何か?高齢者向けの賃貸住宅で設備やサービスなどの情報を都道府県に登録し、公開するシンプルな制度だそうです。借りたい方は、貸主と...
URL 2008/01/11(Fri)11:20:05
高齢者専用賃貸住宅ウェルライフヴィラ河口湖のアクセス
高齢者専用賃貸住宅ウェルライフヴィラ河口湖は富士山麓に広がる赤松林の中にあります。 環境が良く、静かで空気がきれい・水がおいしいのは言うまでもなく観光地の為アクセスが良いのも特徴です。 車では青梅市・あきる野市・八王子市・国立市・府中市・国分寺市などの中央自動車道・圏央道沿線が1時間ほどでアクセスできます。 中央道河口湖インターを富士吉田方面に下りて一つ目の信号を右折した突き当りが現地です。 山梨
URL 2008/01/11(Fri)11:20:05
高齢者専用-賃貸住宅ってなんですか!
東急不動産「グランクレール青葉台」は、「高齢者専用賃貸住宅」(高専賃)で、横浜市の終身賃貸借事業認可を取得している。賃借人が死亡するまで賃貸借契約が継続する。また、有料老人ホームと違い、老人福祉法ではなく借地借家法の適用を受け、入居者の権利は利用権ではなく、借地借家権となる。 (参照:asahi.com)新築マンションの資料請求はマンション戸建てガイド
URL 2008/01/11(Fri)11:20:05
「高齢者専用賃貸住宅」今は元気だけど、将来不安な人に
「住み続ける権利」保証 広さ、賃料…千差万別 昨年12月に、高齢者向け住宅の新しい制度として「高齢者専用賃貸住宅」ができました。今後、高齢者向けの賃貸住宅として増えていくと予想されています。 ただ、現状では、部屋の広さも賃料もサービスの内容も千差万別です。制度の内容とともに、入居の際には個別の物件をよく調べることが必要です。(斎藤雄介) 「まだまだ元気だけど、一人暮らしがちょっと不安になって...
URL 2008/01/11(Fri)11:20:06
財団法人「高齢者住宅財団」
財団法人「高齢者住宅財団」(東京)開発情報課長の落合明美さんに、高齢者専用賃貸住宅とは何かと訪ねてみました。その答えが下記の通りです。高齢者専用賃貸住宅とは高齢者向けの賃貸住宅で、今までの有料老人ホームは介護サービス等を含む施設の利用権を購入する方式...
URL 2008/01/11(Fri)11:20:06
耐震住宅-4
阪神大震災,新潟大震災を経験して,国土交通省では平成17年度より耐震診断の強化に乗り出しました。方針としては,耐震診断を受けて耐震改修をした建物に対しては震災復興時に手厚い保護を行うというものです。 そのような流れから見ても 私はどんな建物でも構造的な検討,つまり構造計算書の作成をしていくのが建築技術者としてのモラルだと考えています。 但し,その費用は クライアント 施主負担になりますが,安全,安心は これからの住宅には欠かせないものです。
URL 2008/03/09(Sun)18:02:42
Copyright©住宅・不動産情報 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by Mako's
Template by わらみ~
忍者ブログ [PR]