忍者ブログ
住宅・不動産の情報
管理画面  新しい記事を書く  コメント一覧  トラックバック一覧
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高齢者はバリアフリー住宅に

 

30年前に多摩ニュータウン(多摩・稲城・八王子・町田、以下:多摩NT)が街開きで出来上がりました。その時30代で入居していた世代が60歳代になりました。今はその方たちの子供たちも20?30歳代と子育てをするような時期になってきています。

30年前に出来た当初の住戸規模は、40?50?台と部屋は比較的狭く、階段でマンションに上がると言うタイプの建物が多いです。ですので当時入居した世代の方が今高齢者になり、バリアフリー住宅に住みかえをしていく世帯も多くなってきました。

しかし、多摩ニュータウンの団地単位で考えてみると初期当時の分譲は敷地がたくさんありますので、それを利用して立替などのキャピタルゲインを確保していこうと言う働きが今はあります。
が、その一方でバブル時に購入した分譲ではローンがものすごく残っているため現段階でも買い替えが困難な状況になっているのも事実です。
ですので、買い替えではなく、住み続けるための環境整備の向上を目指して、現在ではブロードバンド環境の取り入れと充実、管理コストの低減など住みよくするための維持管理方法を検討されてきています。

上記の働きは市民参加のものですが、これを考慮して行政でも新たは支援施策が生まれようとしています。多摩市の「すまいとくらしのマスタープラン(平成14年3月)」では人的、資金的支援策を団地管理組合に具体化させています。こうした動きは着目するべきものであると思われます。

今後、多摩ニュータウンが発展していくためには経済への対応が欠かせない現状だと思います。「持続可能な発展」の概念は「環境と開発に関する世界委員会」の中で提唱されたものですが、「環境の維持」「社会的な発展」「経済的発展」が今後多摩ニュータウンが持続可能出来る基本的な考え方になると思われます。

 

 

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
COLOR
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
バリアフリー
バリアフリー住宅という言葉を時々耳にします。 住宅屋さんや一般の方々の間では「床の段差を無くした家」と定義されているようです。 そうでしょうか? ソウデス! 間違いは無いのですが、バリアフリーには実はもっと広義の意味があって、バリアフリー住宅とは「生活バリアー(障害)を取払った家」と定義するのが本当なのです。 誰しも高齢化すると身体機能が低下して、それ迄は何ともなかった事が、バリアーになるも
URL 2008/01/06(Sun)17:25:49
ヒートショックバリアフリー住宅とは・・・・
最近 地震対策に対しての 住宅メーカーのCMが多いですが・・・耐震偽装で 建築基準法が改正されて 構造的に 強いことを強調したいのは わかります。特に 目立つのは セキスイハウスのシーカスという 制震システムでしょうか・・・ココで取り上げたいのが「ヒートショックバリアフリー住宅」という 考えです。ヒートショックバリアフリー住宅とは・・・・家の中に生じる温度差によって 心筋梗塞などの発作が起きて 死亡事故が発生することを 防ごうという考え方です。夏場の 熱中症と共に 冬場には ...
URL 2008/01/06(Sun)17:25:49
高齢者でもパソコンが使えるようになる。
旅行の情報などを収集したい、孫とメールがしてみたいなどとパソコンに興味を持っている高齢者は多いと思いますが、「パソコン」と聞くだけで敬遠してしまうと言う方も多いと思います。 自分でやってみようと思っても、本を読んでも何が書いてあるのか全く分からずに結局何も出来ないで終わってしまう方が多いはずで...
URL 2008/03/01(Sat)15:43:21
Copyright©住宅・不動産情報 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by Mako's
Template by わらみ~
忍者ブログ [PR]